登山、ハイキング、旅行、そして懸賞、年金生活の中でいかに工夫しながら暮らしていく様子を見て欲しいです


by rasujiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

大和街道(高野口、前田邸)(和歌山)

f0064449_842675.jpg

前田邸は江戸時代から続く建物で旧大和街道と旧高野街道と交差する位置にあります
前田家は江戸時代から薬種商を庄屋、両替屋もやっていたそうです。
開館日は日曜日だけで、地元の方がボランテアで前田家で使われていた物の説明を色々してくださいます。


f0064449_8154062.jpg


f0064449_8191519.jpg

これは昭和初期のチラシだそうです
こんな、物まで保存されてたんや~って驚きました
ボランティアのおじちゃんから教えてもらったんだけどね
前田家は昔両替商もしてたでしょ
その、お話から聞いたんだけど
昔は江戸と大阪では通貨が違ったんだって
江戸は金、大阪は銀が通過だったんだって
でね、江戸から大阪に来たらお金使えないでしょ
だから、両替商が必要だったんっだって
歴史に疎い金柑にはL(・o・)」 オーマイガのお話でした
f0064449_8244210.jpg

f0064449_8265162.jpg

昔どこかで見た事がある台所です
この上煙突はなく
f0064449_8282727.jpg

こんな風に吹き抜けに「なって、ここから煙が抜けるようになっています
そうすることで梁とかが燻されて丈夫になるそうです
f0064449_8311956.jpg

外から見たら、こんな感じで屋根に大きな煙り出しが上がっています。
f0064449_8331753.jpg

この冷蔵庫懐かしいでしょ
昔、ご近所のお婆ちゃんのお家で見たよ
江戸時代に建てられた母屋にある台所を抜けると明治時代に建てられて中書院があるの
f0064449_843647.jpg

あ~撮る方向が悪かったなぁ
母屋と中書院は渡り廊下でつながっているの
見事な欄間があった、らしんだけど・・・
見てこなかった~
f0064449_8563294.jpg

何か上等そうな屏風
あのね、前田家当主は前田友次郎さんて言ってね
志賀重昴さんて勅任官待遇の新聞記者とお友達でね
志賀重昴さんを通じて、こんなお手紙をもらったんだって
乃木将軍の爾霊山横にお手紙書いてあるの
f0064449_99426.jpg

乃木将軍直筆の爾霊山が前田家に保存されてたんだって
f0064449_9144664.jpg

f0064449_915479.jpg

それがね、こんなふうに保存されてるの
友次郎さんが、自分のお気に入りを襖に張ったらしいの
ラス次郎はね、おじちゃんに、これはお宝探偵団に出すべきや!!って
盛んに進めてたけどね、おじちゃんは、襖に貼った段階で値打ちないやろ
って言ってたけどね、金柑も出せばエエのにって思ったよ

f0064449_8595880.jpg

これは田中角栄直筆なの
たぶん?友次郎さんの子供さん???が
前田佳都男さんて言って第二次田中角栄内閣の科家技術長長官なんだって
東京帝国大学法学部の卒業証書も見せてもらったよ
前田佳都男の息子さんが前田勲男さんで村山内閣で法務大臣をして
13ヶ月の在任中に5人の死刑執行を命令した人なんだって。
f0064449_9303269.jpg

こんなのも見せてもらったよ
200年前の梅干、おじちゃんはね、一つつまんで欠片を食べたの
金柑にも進めてくれたんだけどね、金柑200年前の梅干は食べる勇気がなくってね
f0064449_1064645.jpg

そしたら、ラス次郎が来て、おじちゃんから貰って食べちゃったの
スゴク塩辛くてね、この後ラス次郎お茶をガブガブ飲んでました。
f0064449_9351365.jpg

蔵の前にあるのが火消し道具
ほら、時代劇でクルクル回してるの
あれ、テレビでは布で出来てるよね
金柑前からアレ変やと思ってたの
回してる布が燃えるんじゃないの?ってね
布は式典とかで使うもので、実際は金属のを使ってたんだって
蔵の中には前田家の娘さんのお嫁入り道具とかも展示されてました
お嫁入りには、籠に乗って行かれたんだけど、その籠も嫁入り道具なんだって
今で言う自家用車を持って行く感覚なんだって。
あのね、ボランティアのおじちゃんから聞いたんだけど
昔はお嫁入りには箪笥。長持、カナタライは持って行くものなんだって
箪笥には衣服、長持には布団を入れて行くんだけどね
実は長持は。お嫁さんが亡くなった時の亡骸を入れて運び出す物なんだって
そしてカナダライ、金柑これは、洗濯機の代わりって「思たんだけど
赤ちゃんをお風呂に入れるためだって
つまり、娘を嫁にだす時は娘のお産から娘が天国に行くまでの準備を
娘の親が準備するって意味なんだろうね
子供を生むって事は当たり前の事で
子供が出来なかったら、帰されるんだって
そんな意味で、子供も出来るかどうか、分らないうちから
赤ちゃんのお風呂の用意持って行くんだって~
今の時代から考えて信じられないよね
金柑、そんな時代に生まれなくて良かったです。

ボランテアのおじちゃん達はジジ様よりもダイブン年上だと思うの
杖はつかれてるけど、足取りもわりとシッカリしてるし
頭も冴えていらっしょいました
そして何も知らない金柑達に、それはそれは丁寧に
色々教えてくれました。
そして、とてもイキイキされていました。
長持のお話で驚く金柑に、わしらが伝えな、あんたら知らんママで終るやろって
自分の老後の暮らし方色々考えてる金柑にとって
このおじちゃん達の暮らし方はとても、魅力のあるものに思いました
[PR]
by rasujiro | 2011-03-09 10:09 | 近畿